レアルマドリードのある生活

レアルマドリードの応援日記。試合中心にお送りします。

現状の中盤は限界。求む変化。

中盤の補強が進まない。

 

ポグバ獲得が頓挫し、プランBであったファン・デ・ベークとエリクセンがメインターゲットとなっているが、いずれにせよマドリーは25人いっぱいの現有戦力を整理しなければ、新たな契約は難しい。

 

溢れるのを覚悟で契約に向かえば、現状でさえ貰い手が見つからない面々の放出でさらに足元を見られることになる。6月にはバランスよく獲得と放出を進めていた状況だったが、その後放出作業が進まず現在に至っており、身動きが取れない状況だ。

 

プレシーズンではあるが、ここしばらく試合を見て、それでも現状の中盤は限界であり刷新の必要があると考えるので、その点について整理しておきたい。

続きを読む

ICC vバイエルン

新シーズン最初の実戦。

メンバーが揃っておらず、まだまだこれからの時期ではあるが、気になった点を書き留めておきたい。

出場メンバーは前後半で一斉に入れ替えがあったので、以下のリンクで確認を。

www.realmadrid.com

続きを読む

中盤の補強はベイル次第

モントリオールでのキャンプが始まって既に1週間ほどが経過したが、7月に入ってからの補強に目に見える進展はない。

中盤にポグバやエリクセン、ファンデベークといった名前は挙がっており、特に前の2名についてクラブ間でやり取りがあったことはおそらく事実だ。ポグバは移籍金の高さが課題で、エリクセンも契約年数が1年となった今どの程度の値段なら妥当かという議論を呼ぶポイントがある。

アザールが1億ユーロ程度であったという近い前例もあることから、値段については駆け引きがあるものと推測される。

 

それに加えて状況を複雑にしているのは、ベイルの取り扱いが絡んでいるから。

今回はその点について少し触れておく。

続きを読む

このところ成立した移籍のまとめ

加入はメンディで一旦落ち着き、マドリーは7月に入ってからまず戦力整理を進めている。

ブログで追えていなかった移籍について、簡単にまとめておく。

続きを読む