レアルマドリードのある生活

レアルマドリードの応援日記。試合中心にお送りします。

移籍関連

オドリオソラ、レンタルでバイエルンへ

オドリオソラが今シーズン終了までのレンタルでバイエルンへ移籍することが公式に発表された。報道によれば買取オプションはないとのこと。 www.realmadrid.com バイエルンで出場機会を得て復活なるか。

レイニエルと契約

マドリーはフラメンゴとレイニエルの移籍で合意。レイニエルとは2026年までの6年契約と公式に発表された。 移籍金は3000万ユーロ程度と報じられている。 www.realmadrid.com

最近の移籍まとめ

何件か成立した案件が出てきたので、少しずつまとめておく。 今回はセバージョス、バジェホ、ハビ・サンチェス、マジョラル。

このところ成立した移籍のまとめ

加入はメンディで一旦落ち着き、マドリーは7月に入ってからまず戦力整理を進めている。 ブログで追えていなかった移籍について、簡単にまとめておく。

コバチッチ、チェルシーへ

昨シーズンはチェルシーにレンタル移籍していたコバチッチが同クラブに完全移籍することが発表された。 報道によれば移籍金は4500万ユーロ。チェルシーとは5年契約。 www.realmadrid.com

マルコス・ジョレンテ、アトレティコへ

マルコス・ジョレンテのアトレティコへの移籍が公式に発表された。 報道によれば移籍金は4500万ユーロ。ジョレンテはアトレティコと5年契約。 www.realmadrid.com

メンディと契約

遅ればせながら、メンディの契約について。 リヨンの左サイドバック、フェルラン・メンディについて、マドリーはリヨンと4800万ユーロプラス500万ユーロのインセンティブで合意。 マドリーとメンディは6年契約を結ぶこととなった。 www.realmadrid.c…

アザールと契約

マドリーはアザールの移籍についてチェルシーと合意したことを公式に発表。アザールとは5年契約を結ぶこととなった。 報道によると、移籍金は1億ユーロプラス3000万ユーロのインセンティブ、アザールは1100万ユーロ程度の年俸を受け取ることとなる…

ヨビッチと契約

今夏最初の加入はフランクフルトのヨビッチとなった。 ベンフィカから買い取ったフランクフルトに対し、マドリーは6000万ユーロと500万ユーロの出来高払いで合意。ヨビッチとは6年契約を結ぶと発表された。 www.realmadrid.com

ミリタンとの契約とセンターバック再編に見える補強の変化について

ジダン体制最初となる補強の公式発表はセンターバックとなった。 ポルトに在籍するブラジル代表のミリタンについて、契約解除金5000万ユーロを支払うことでクラブ間合意。ミリタンとは6年契約を結ぶこととなった。 www.realmadrid.com サイドバック、ピ…

ブラヒム・ディアスと契約

マドリーは、マンチェスターC.からブラヒム・ディアスの獲得を発表、今日ベルナベウで入団発表が行われた。 移籍金は最大で2000万ユーロほどと報じられており、ブラヒム・ディアスとは6年契約と発表されている。 www.realmadrid.com www.realmadrid.c…

移籍市場終盤の動きとマドリーの変化

8月末で移籍市場が閉まり数日経ってしまったが、終盤の動きを振り返りつつ、マドリーの市場での振る舞いから、その変化について考えてみたい。

コバチッチ、クルトワ、テオ

プレミアリーグの移籍期限も近づく中、ようやく動きが。 時間はかかったが、懸案のひとつがようやく決着を迎えることになった。

オドリオソラ、アクラフ、ルニン

ロナウドの移籍とは前後するが、整理できていなかったオドリオソラ、アクラフ、ルニンの移籍について、それぞれまとめる。

ロナウドはユベントスへ

CL優勝直後から話題となっていたロナウドの移籍について公式発表。 マドリーはユベントスと移籍について合意。移籍金は1億ユーロ程度、ロナウドはユベントスと年俸3000万ユーロで4年契約。 www.realmadrid.com

セバージョス、モラタ、ダニーロ

移籍のニュースを追えていなかったので、決まったものをまとめて。 ■セバージョス U-21の代表戦以降一気に評価を高めたセバージョスと契約。ベティスに対しては設定された違約金を少し上回る1600万ユーロ程度を支払った。 彼との契約には、バルセロ…

ハメス・ロドリゲスは2年のレンタルでバイエルンへ

ハメス・ロドリゲスのバイエルンへのレンタル移籍が公式に発表された。 2年間のレンタル移籍で、レンタル移籍終了後は6000万ユーロの買取となると報じられている。 本来のポジションであるトップ下が今のマドリーには基本的になく、低い位置かそれともサ…

テオと契約、コエントランはスポルティング・リスボンへレンタル

以前から報じられていた通り、アトレティコからアラベスにレンタルされていたテオとの契約が公式に発表された。 契約期間は6年間、報道によれば移籍金は2600万ユーロ程度とのこと。 一方で、コエントランは1シーズンのローンでスポルティング・リスボン…

ビニシウスについて合意

マドリーは、フラメンゴに所属するビニシウス・ジュニオールの移籍について、移籍可能な18歳となる2018年7月から移籍することでクラブ間の合意に至ったことを公式に発表した。 2019年の7月まではフラメンゴに所属することとなるが、両クラブが合…

ヘセはPSGへ

かねてから報じられていた通り、ヘセのPSG移籍が正式に発表された。 完全移籍で、報道によれば移籍金は2500万ユーロ程度、フランスリーグの規定により買い戻しオプションはついておらず、ヘセとPSGは5年契約を結ぶ。 ヘセの状況と思うところにつ…

マジョラルはボルフスブルクへレンタル

モントリオールでの合宿に参加していたボルハ・マジョラルはボルフスブルクへのレンタル移籍が決定、チームを離れることとなった。 マジョラルは何度かトップチームに招集されており、立場としてはカスティージャでは物足りないがトップチームではベンゼマの…

モラタの買い戻しオプション行使が決定

ユベントスに在籍していたモラタの買い戻しオプションを行使することが、公式に発表された。買い戻し額は3000万ユーロ程度と報じられている。 モラタは今シーズンセリエAで34試合(1456分)に出場、7ゴール8アシスト。CLでは8試合(534分…

チェリシェフはビジャレアルへ

コパ・アメリカ、ユーロと代表に招集されている面々は慌しくしているが、クラブでは戦力の整理が進んでいる。 シーズン途中からバレンシアに期限付き移籍していたチェリシェフが、ビジャレアルへ完全移籍することとなった。 契約期間は5年間で、移籍金は公…

アルベロア退団

話は少しさかのぼるが、今シーズン末で契約満了となるアルベロアが、契約を更新せず退団することを発表、リーガ第37節のバレンシア戦での出場が、マドリーでの最後の公式戦出場となった。 カンテラーノであるアルベロアがリバプールから移籍してきたのは’…

イジャラメンディは古巣へ、コエントランはモナコへ、ルーカス・シウバはマルセイユへ

移籍市場が開いているのものこりあと数日となり、獲得とともに現有戦力の整理もあわただしくなってきた。 ■イジャラメンディ イジャラメンディに関してはイングランド方面の関心がシーズン中から伝えられていたが、オフになって古巣であるラ・レアル、レアル…

コバチッチと契約

マドリーはインテルに所属していたコバチッチの移籍について合意したことを公式サイトを通じて発表した。 コバチッチは今日既にマドリーでメディカルチェックとパルコでのお披露目を済ませている。 移籍金は3000万ユーロ程度、年俸は300万ユーロと報…

カシージャと契約

マドリーは17日、エスパニョールのGKキコ・カシージャと契約したことを公式に発表した。 マドリーのカンテラーノであるカシージャは1000万ユーロで獲得できる状況にあったが、報じられている移籍金はそれより安い600万ユーロで、マドリーとカシー…

カシージャスはポルトへ

ひとつの時代の終わりである。 マドリーに25年在籍した第一カピタン、カシージャスのポルトへの移籍が公式に発表された。 カシージャスはポルトと2年契約を結ぶこととなる。マドリーとの契約で受け取る予定だった年俸合計2400万ユーロの取り扱いで交…

ルーカス・バスケスと契約

マドリーはエスパニョールでプレーしていたルーカス・バスケスの買い戻しオプションを行使することとしたと公式に発表した。 マドリーとの契約は5年間、買戻しの額は100万ユーロと報じられている。 ルーカス・バスケスはカスティージャからエスパニョー…

カゼミロが復帰、ケディラはユベントスへ

さかのぼる形になるが、カゼミロとケディラの移籍に関する話題を。 カゼミロは今シーズンポルトへレンタル移籍、シーズン通算3200分の出場時間を得て、ポルトの中盤の主力となった。 この出場時間は、マドリーで言うとクロースやイスコ、ハメスに次ぐよ…